里内裏の変遷 フロント 摩訶不思議へ Maccafushigi

奈良朝の衣装 奈良 平安朝の衣装 平安 続 平安朝の衣装 続 平安 平安後期〜鎌倉時代の衣装 鎌倉 室町時代の衣装 室町 戦国時代 空白の衣装時空 京都 戦国 京都 安土・桃山時代の衣装 安土 ・桃山 江戸時代女性の衣装 江戸 ・女性 江戸時代男性の衣装 江戸 ・男性
十二単資料 十二単 襲色目と重色目 襲色目 続 襲色目と重色目 続 襲色目 補色と匂い(グラデーション) 補色と匂い 続 補色と匂い(グラデーション) 続 補色と匂い 服の文献資料 服の文献資料 和ごころ やまと言葉への誘い やまと言葉

  平安キャリア 平安キャリア 続 平安キャリア 続 平安キャリア

平安キャリアの資料です。内裏が焼亡した際に、新造までの期間、帝が滞在した仮の御所の変遷の歴史です。

<里内裏の変遷>

天 皇皇 居一時待避所邸 持 ち 主移動日
 花山天皇 内裏  984.08.27
 一条天皇 内裏  986.06.23
  一条院  詮子(東三条院)御所 06.14 内裏焼亡999.06.16
  内裏  内裏新造落成1000.10.11
  一条院  詮子(東三条院)御所 11.18 内裏焼亡1001.11.22
  内裏  内裏新造落成1003.10.08
  東三条殿  彰子里邸⇔道長邸 11.15 内裏焼亡1005.11.27
  一条院  御所 修造竣工1006.03.04
  枇杷殿  妍子用里邸⇔道長邸 10.05 一条院焼亡1009.10.19
  一条院  御所 新造竣工1010.11.28
 三条天皇 東三条殿  彰子邸⇔道長邸1011.06.13
  内裏  1010年内裏新造落成済1011.08.11
  枇杷殿  妍子里邸⇔道長邸 02.09 内裏焼亡1014.04.09
  内裏  内裏新造落成1015.09.20
  枇杷殿  妍子里邸⇔道長邸 11.17 内裏焼亡1015.11.19
 後一条天皇 上東門第  彰子⇔道長邸=京極院=土御門殿1016.01.29
  一条院  御所1016.06.02
  内裏  内裏新造落成1018.04.28
 後朱雀天皇 内裏  1036.04.17
  上東門第  彰子邸 06.27 内裏焼亡1039.07.13
  旧藤原惟憲邸 1040.09.09 上東門第焼亡 惟憲は旧家司 
  二条殿  生子里邸⇔教通邸1040.10.22
  内裏  内裏新造落成1041.12.19
   太政官朝所 1042.12.08 内裏焼亡 
  一条院  御所1043.03.23
   高陽院 1043.12.01 一条院焼亡 
  東三条殿  彰子邸1043.12.21
 後冷泉天皇 上東門第  章子内親王(後一条天皇女)里邸⇔彰子邸1045.01.16
  二条殿  歓子里邸⇔教通邸 太政官朝所は大膳職へ1046.04.04
  内裏  内裏新造落成1046.10.08
  上東門第  11.02 内裏焼亡 章子内親王里邸⇔彰子邸1048.11.10
  冷泉院  冷泉院新造落成1051.07.19
  高陽院  冷泉院に物の怪?1053.08.20
  冷泉院  1054.01.08 高陽院焼亡 
  四条殿  寛子里邸⇔頼通邸 道長の孫の寛子1054.02.16
  上東門第  章子内親王里邸⇔彰子邸1054.09.22
   御子左第 旧長家邸 1054.12.08 上東門第焼亡 
  四条殿  寛子里邸⇔頼通邸 道長の孫の寛子1054.12.28
  一条院  御所 冷泉院殿舎移築1056.02.22
  内裏  1058年2月落成するが未使用のまま焼亡 
  三条堀河殿  寛子 ・祇子邸⇔頼通邸 01.08 一条院焼亡1059.02.08
  高陽院  頼通邸 新造落成1060.08.11
 後三条天皇 閑院  禎子内親王⇔旧能信邸1068.04.19
   御子左第 旧長家邸1068.06.26
  二条殿  教通関白邸1068.09.04
   閑院 禎子内親王⇔旧能信邸 1068.12.11 二条殿 
  御子左第  旧長家邸1068.12.28
  高陽院  頼通邸 増築竣工1069.06.21
  四条殿  寛子(皇太后邸)⇔頼通邸1070.12.17
  内裏  内裏新造落成1071.08.28
 白河天皇 内裏  1072.12.08
  高倉殿  頼通邸1073.09.16
  内裏  1074.06.16
    ☆ 内裏焼亡した? この記載無し ☆ 
  高陽院  旧頼通邸1075.08.14
  六条院  1076.12.21
  高陽院  旧頼通邸1077.10.09
  内裏  1076年内裏新造落成済1077.12.25
  高陽院  旧頼通邸1079.9月頃
  内裏  高陽院焼亡1080.02.06
  堀河院  師実邸1080.05.11
  内裏  1080.11.03
   六条院 1082.07.29 内裏焼亡 
  堀河院  1082.08.03
  六条院  1084.01.22
  三条殿  1083年12月新造落成1084.02.11
 堀河天皇 堀河院  1086.11.26
  大炊殿(南殿)  寛子邸 堀河院焼亡1094.10.24
  閑院  白河上皇御所1095.11.02
  二条殿  師通邸1097.09.23
  高陽院  新殿竣工1097.10.11
  内裏  内裏新造落成19年ぶり1100.06.19

* 里内裏の変遷は 「日本史辞典」 角川書店 より抜粋し加筆しています。

* 高陽院 (かやのいん) 賀陽院とも。元は桓武天皇の皇子賀陽親王の邸宅で、後に藤原頼通が手に入れ、
   増改築され素晴らしい邸宅で有ったとの事。彼の本邸。1021年に竣工。1039年焼亡。1040年に竣工。
   1043年時点では。内裏、一条院 (御所) 共に焼失してしまい一時の避難場所に。

★ 白河天皇の中宮は藤原賢子さん。1084年に彼女は里邸の東三条殿でお亡くなりになります。
   白河上皇はこの際に東三条殿にいらしたとの事。天皇が臨終に立ち会う事は前代未聞?
   賢子さんは、源顕房のお嬢さん。養父は藤原師実。

   ココで、ご注目下さい。白河天皇は内裏焼亡の際、賢子さんの里邸に移動されていません。

青海波     青海波     青海波

★   リ ン ク 先   ★
お品紹介 小物 ZIPANGU  和ごころ薫る小物の品々をご覧頂けます。
お品紹介 服 ZIPANGU  和ごころ香るインナーウェアー(タンクトップ等)
ご婦人服 ZIPANGU  和ごころ漂うアウターウェアー(レースプルオーバー等)
平安朝 十二単等 絵 ZIPANGU  春夏秋冬の十二単の彩色画をご覧頂けます。
奈良朝 吉祥天女 絵 ZIPANGU  吉祥天女像に彩色し、蘇らせました絵をご覧頂けます。
舞絽倶 日本文化と服 ・小物 「舞倶」日本文化と服について語る ZIPANGU のブログです。

     


Maccafushigi

Copyright © 2006〜 ZIPANGU Co.,Ltd. All rights reserved.